イーレックスも参加する電力自由化サービス

電力供給が不安定なクリーンエネルギー

エコエネルギー

近年では電力への関心が高まり電力関係の企業が栄えています。これまで電力市場は独占されていましたが、民間企業の進出が著しくなり、2016年4月から始まる電力自由化によってますますその発展が見込まれています。
どのように民間企業が電力事業へ関わるかというと、それは多岐に渡ります。発電所の建設、運営、送電網の整備、電力の買取や販売と言ったありとあらゆる業種が存在しているのです。
こうした電力事業は新しい電力と書いて新電力事業と呼ばれています。その中の1つがイーレックスという企業となります。
イーレックスの特色はその発電方法にあります。手がけている事業は発電所の建設や電力の販売や買取、事業の請負など様々なものです。

ところで、新電力事業には1つの課題が残っています。それは発電方法の不安定さです。多くの事業所では次世代エネルギーとしてクリーンエネルギーでの発電を採用しています。ですがクリーンエネルギーは自然の力を利用するため、天候不順や風量の少なさといったものに影響を受けてしまいます。それでは社会基盤としての電力にはなりません。
そのため、現在では新電力事業所と契約し、電力が不足するような事態に陥った場合には既存の電力会社から発電した電力を融通することになっています。

イーレックスの強み

ですが、イーレックスはこの点において強みをもっています。それは発電方法がバイオマス発電だからです。バイオマス発電はクリーンエネルギーの1種なのですが、安定した供給を達成することが可能な稀有な発電方法です。なぜなら燃料に木材チップを使用しているからです。木材チップを発酵させたり燃焼させることでタービンを回し発電するのですが、この方法を取れば木材チップさえ調達することができれば普通の火力発電所のように安定した電力供給ができるのです。
しかし木材チップを燃焼することのどこがクリーンなのか、という疑問も湧くかもしれません。この点についてはカーボンニュートラルという考え方をすれば解決します。植物は光合成で二酸化炭素を吸い、燃焼時にそれを解放します。こういった視点で考えれば、二酸化炭素の総量というのは一切変わらないと捉えることができます。つまり、木材チップを燃焼することによってそれまで木材中に溜めていた二酸化炭素を放出するだけと言うことができるのです。
電力自由化にとって安定供給できるクリーンエネルギーを扱っているこの会社は成長を遂げていくでしょう。一般家庭へも安価な価格で提供できるため多くの人に利用されると思われます。