電力自由化に参入するHTBエナジー

注目される新電力

2016年4月から始まる電力自由化には多くの企業が参入しています。その中には新電力事業者もありどのような市場が形成されるかは未知数です。
この新電力の開発や業務を行っている企業の中にHTBエナジーがあります。この会社はハウステンボスを経営しているハウステンボス株式会社が主に出資して運営している会社となります。元々は九州の地熱発電開発を行っていましたが、新電力供給事業としては多くの地域で展開を見せています。
新電力という聞きなれない言葉を始めて耳にした方もいるかもしれません。新電力とは新しい電力、つまり既存の発電所ではない所で生み出された電力を指します。それはつまり民間事業者による発電を指し、地熱や太陽光、風力と言ったクリーンエネルギーを主体とした発電所がメインのものとなっています。
震災を原因とする原発事故により注目を集めるようになった事業で、現在では日本各地に様々な発電所が建設されています。メガソーラーという言葉を聞いたことがあると思います。これは大規模な太陽光発電所で、特に郊外や山間部といった大規模な土地で展開されています。
他にもHTBエナジーが発電事業のメインとして据えている地熱発電や、海上での風力発電所の研究といった様々な活動がなされているのです。これから電力自由化に伴いその研究開発はますます進むでしょう。

安価で品質の高い電気を利用することができる

こうした新電力事業が活性化することは日本にとって良いメリットを生み出します。まず価格面です。新規参入する電力事業者は、既存の電力事業者より安い価格で電力を供給できなければ誰も加入などしてくれません。そのため、こうしたサービスの電気料金というのは今までのものより安いものとなっているため家計の助けとなります。
さらに新電力事業に加入する人々が増えれば事業投資は拡大し、さらに電気料金は下がると思われます。また、これらの企業間で競争が過熱すればどんどんその価格も下げられていくでしょう。電力自由化は今まで誰も触れることの出来なかった電力事業という聖域に踏み込んだ新しい事業なので、未知数の部分もあります。ですが上手くいけばとても安価で品質の高い電気を利用することができるかもしれないのです。
HTBエナジーではハウステンボスのある地元である九州はもちろん、北海道、東北、中部、関西、中国、東京の管内で新電力事業を進めています。今後地域が拡大し北陸や四国といった地域に供給されるかもしれません。契約内容は既存のものより安い価格を提示しているので、魅力的な新電力事業と言えます。