電力自由化により電力事業に参入した東京ガス

新しい電力会社が電力の小売りがはじまる

鉄塔

電力自由化により東京ガスと東京電力の顧客獲得の戦いが激化することが予想されます。今までの既存の電力会社の電力の独占販売の形態はなくなり、これからは新しい電力会社が電力の小売りをすることができるようになりました。
新規の参入企業の数は多く、ガス会社、通信会社、石油会社など多岐に渡っています。本格的に事業が始まるのは、2016年の4月からですが1月から予約は開始されています。

電力の販売自由化は、工場などでは既に実施されていますが、4月からは一般の住宅や商店なども利用できるようになります。既存の電力会社から外れて好きな電力会社を選ぶことができるようになったのです。
新規参入の電力会社に限らず、既存の電力会社も顧客離れを食い止めるために新サービスを打ち出してきています。東京電力も自社の電力の割引サービスのほか、新しい電力会社と提携をすることで活路を見いだそうとしています。

これから電気小売り自由化の利点を実感する

4月になり本格的に事業がスタートすれば、消費者にも電力自由化の制度の利点が浸透し、新しい会社切り替える人も増大することが見込めます。実は、新しい電力会社に乗り換えることに不安を感じている人も多く、切り替えに迷っている人もかなりいるのです。停電になったり、途中で電気がストップしてしまわないかなどの心配をしている人も少なからずいます。
そんなことはなく、時間が経てば多くの人が電気の小売り自由化の利点を実感できるはずです。

東京ガスのセット売りで料金も割安に

新規参入の電力会社の中で、特に注目されているのが東京ガスです。ここは、都市ガスと電力をセットにした割引販売のサービスを行います。この会社の強みは自社の火力発電所があることです。更に、他社と共同で火力発電所を増やす計画もしています。自社の発電所があることで、他社の新規参入の電力会社より1歩リードしていると言えるでしょう。それに、ガスと電気の料金をまとめることでどちらも割安になることは消費者にとって大きな魅力です。

通信会社とも提携してスマートフォンや携帯、インターネットも契約するとさらにお得になるのです。これも消費者にとっては嬉しいサービスです。これからは、さらに新しいプランが生まれることが期待できます。電力の切り替えは簡単で、新しい電力会社へ連絡するだけで済みます。インターネットで申し込みもできるので便利です。マンションやアパートでも持ち主と相談の上切り替えることが可能になります。
電力自由化で、消費者の電力購入の選択肢は今後ますます広がることが期待できます。