電力自由化に伴う東燃ゼネラルの対応

万が一新規参入企業の電力供給が不安定になった場合も、大手電力会社がフォロー

コンセント

2016年4月から始まる電力自由化に伴い、様々な企業が電力の供給に参戦しようとしています。この自由化により様々な企業が電気の供給に乗り出していて、電気を使う側としては各社のサービスや、日頃使う電気料金がどれだけ引下げられるかが気になるところです。
また様々な企業が安値合戦をすることで不安な点として、電力が不安定になるのではという心配をする人もいますが、この点は制度で保障されているので問題ありません。当然ですが電力の供給に参入する企業には安定した電力供給が義務付けられています。万が一供給が不安定になった場合には、既存の大手電力会社がそのフォローをする約束になっており、そのフォローに必要な費用は供給を不安定にしてしまった企業が賄うことになっています。このルールにより、不安定な供給をしてしまうと自社にマイナスが発生するため、新規参入企業は安定を維持するためにを超えた安値にすることは難しくなります。
一方、大手電力会社としてはフォローが必要になった際にはその費用は不安定な供給をした企業側から出るので、これといったマイナスがないため、フォローを渋る必要もないのです。また、このフォローをするのはこれまで一般に電力を供給していた大手電力会社になるので、電気の供給を安定させることについてはプロですので、安心です。
この制度のスタート準備として各社は様々なサービスやセットプラン、まだこの新しい制度をよく分かっていない人に向けた解説サイトを作るなどしていて、新たな顧客を得る努力をしている最中です。

自家発電設備を有する東燃ゼネラル

新規参入の企業は多くありますが、ここではそんな新規参入企業のひとつ東燃ゼネラルについてご説明します。東燃ゼネラルはもともとは原油は半製品を輸入し、石油・石油化学製品に加工して販売を行っている会社ですが、大きな自社工場を持ち、この各工場では自家発電設備を有しています。
また、工場で発電した電気を外部に販売する事業もしてきており、電力供給については安定した事業が期待できる会社です。
今回の電力自由化に伴い企業は一般家庭の方にもわかりやすい解説サイトや問い合わせ電話先を設置し、新たな顧客の獲得に励んでいます。今現在使っている電気料金を入力し、お得度を判定する計算もサイト上で手軽にでき、まだこの新しい制度に慣れていない人にもわかりやすいサイト作りがされています。このままでいいのか、新しい電力会社を検討したほうがいいのか悩んでいる方は、まずは手軽に料金の比較計算から始めてみると良いです。