電力自由化と電力会社の選択、その申し込み手続きの方法とは

電力会社の新規参入により、価格競争が起きる

電力自由化によって契約する電力会社を自由に選択できるようになります。これまでであれば、その地域の電力供給を独占していた電力会社しか選択肢がありませんでしたが、これからは他の地域の電力会社、さらには新規参入した電力会社などから電気を購入することも可能になってくるのです。
こうした新規参入の電力会社が増えることによって、自然と価格競争が起き、結果利用者は何もせずともメリットを得ることができます。価格競争によって抑えられた電気料金、その中でもより自分にメリットがあるところ、料金プランが優れているところを選択していくことができるのです。

期間縛りなど契約内容に注意

この電力自由化は平成28年4月からスタートしますが、早いところであればすでに事前予約を行っています。実際の申し込みは4月に入ってからとなるのですが、その手続き自体は非常に簡単です。
必要になるのはこれから利用したい電力会社への申し込み手続きだけです。これまで利用していた電力会社への手続きは一切必要ありませんし、解約に関する諸々の手続きもすべて新規契約先の会社が請け負ってくれます。
ただ、注意しておきたいのが、これから電力自由化によって新たな電力会社と契約する場合、その内容によっては短期間での解約、電力会社の切り替えが出来ないという点です。もちろん、すべての電力会社がそうというわけではありませんが、中には携帯電話のキャリア会社のように期間中の解約の際には解約料が別途発生するというところもあるのです。
こうした電力会社の場合、どんなに料金プランが魅力的であっても継続的に利用する意志がないのであれば費用負担のリスクが高まります。

情報収集や見積もり相談サービスの活用

自分がどの程度の期間、電力購入を行っていきたいのか、さらにはその契約内容に不利な点はないのか、実際の申し込みの際にはこうした点もしっかりチェックしていくことをおすすめします。
具体的な料金プラン、その契約内容に関しては、それぞれの電力会社のホームページ等でも確認することができます。ある程度候補を絞りこむことができれば、必要に応じて見積もりや相談をしてみるのもオススメです。具体的な数字や契約内容を自分の目で確認することで初めて理解できることもありますし、その時点で疑問点や不安点を解消していくことも可能になります。より満足の行く選択が出来るように、こうした事前の情報収集や見積もり相談サービスの活用はしっかりと押さえておくことをおすすめします。